モルタル造形の欠点

当サイトではモルタル造形が持つみなさまがまだ知らない魅力をお伝えすることを目的に運営して参りました。

ですが、魅力たっぷりのモルタル造形にもやはり欠点はあるのです。

魅力を余すことなくお伝えするうえで、良いところにばかり目を向けるのも何なので、悪いところもお伝えすることにいたしましょう。

モルタル造形の最大の欠点

モルタル造形の最大の欠点・・、それは「クラック(ひび割れ)」です。

ひび割れが起こる原因は材料の乾燥の過程で伸縮してしまうからです。

縮んだ際にできて分かれた部分がひび割れとなるのです。

欠点は解消できないのか

モルタルのひび割れは昔はよく起こっていました。

時代が進んだ今では昔と違ってひび割れの進行を抑制するための添加剤がありますが、それでも完璧にひび割れしないモルタル造形は残念ながらまだありません。

とは言え、モルタル造形に使用するモルタルそのものの耐用年数は長く、30年程度はメンテナンスの必要がありません。

仮にひび割れが発生したとしても、見た目では対して気にならず、ひび割れの幅が約1mmを越えなければ問題ないと言えるでしょう。

あまりにひび割れが目立ち、尚且つ漏水が気になるようでしたら専門の業者に相談してください。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする