2015年 4月

静岡県のとある住宅街にぐにゃりと曲がったような奇妙な建物が建っている。
その見た目は、まるで”魔女の館”。
魔法の国からやってきたおうち。いいえ、私たちが魔法の国に迷い込んでしまったのでは?と見る人を困惑させ、
そして楽しませてくれる建物です。
この楽しい表現には、モルタル造形がふんだんに活用されています。

なんとこの建物はマンションだそうです。
間取りは公開されていませんが、夢のあるマンションですよね!
海外にはKrzywy Domekというショッピングセンターや、ぐにゃりとまがった建築物があります。
どれも見る者を楽しませ、そして現実とはまた違った世界に連れて行ってくれそうですね。
モルタル造形は、夢の世界を作り上げるのがとっても得意です。
魔女の館さえも、現実のものにしてしまいました。

建築とは、家とは、けっして真っ直ぐにたっていることが正しいわけではない。
そう語りかけてくるような思いもします。

型にとらわれない、柔軟な建築物としても興味深い建物ですね。